多くの人から愛される犬【ティーカッププードルを家族にしよう】

人間よりもデリケート

獣医

犬の皮膚はデリケートなので、皮膚病にかかる可能性が非常に高いです。皮膚病を予防するには、寝床を清潔にし、定期的にシャンプーをして清潔を保つことが大事です。ちなみに、シャンプーはプロに任せるのが一番でしょう。

大事な家族を丁重に

線香

家族の一員であるペットを失うとその悲しみは、非常に深いものになります。そして大事な時を共に過ごしたペットに感謝を捧げるには、ペットのために丁重な葬儀を行うことです。茨城のペット葬儀サービスでは、合同火葬から個別火葬などいくつかのプランを用意しています。そして丁重で心のこもった葬儀をしてくれます。

大切なペットとの別れ

骨壺

ペット供養サービスは火葬から法要まで一貫して執り行える施設なので、希望の方法でお別れする事ができます。多くの人がペット供養を利用する理由は、供養の際にお坊さんのお経や説法が聞けるため、心の整理ができます。

愛らしいペットと暮らそう

プードル

賢く人懐っこい性格

ティーカッププードルとは、トイプードルよりも更に小さなプードル。子供の頃はティーカップに入るほど小さく、まさにぬいぐるみのような愛くるしい容姿をした犬です。体高が23センチ以下、体重が2.7キログラム以下という基準があり、現在のところ最小のプードルとされています。プードルという犬種は飼い主や家族に従順で人懐っこく、飼い主の嫌がることはほとんどしません。また、好奇心が強く遊ぶことが大好きです。この特徴はティーカッププードルでも変わりありません。一般的に犬はサイズが小さくなるにつれ神経質になりやすく依存心が強くなる傾向があります。このため、ティーカッププードルにも甘えん坊や臆病な子が多いようですが、甘え上手なので上手に遊んでやればかわいいペットとなってくれます。ティーカッププードルは社交性もあり、小さい子や他の動物がいる家庭でも飼いやすい犬と言えます。

しつけが重要

ティーカッププードルを始めとするプードルという犬種は、全体的に頭がよく、学習能力が高いのでしつけをしやすいタイプです。しかし他の犬種にも同様に言えることですが、頭がよいと言われる犬を飼う場合には、犬と飼い主の関係を明確にしておく必要があります。犬は元々、群れで生活していた動物なので順位を付けたがる性質を持っています。自分の方が上位だと思って育ってしまった犬はわがままに育ち、成犬になってから手に負えなくなるなどという例も見られます。愛らしく甘え上手なティーカッププードルには、つい甘い顔をしてしまいがちですが、飼い主や家族の言うことをきちんと聞き、ペットとしてのルールを守れるようになるには小さい頃からのしつけが大事になってきます。