人間よりもデリケート|多くの人から愛される犬【ティーカッププードルを家族にしよう】

多くの人から愛される犬【ティーカッププードルを家族にしよう】

人間よりもデリケート

獣医

よく観察しましょう

犬の皮膚は人間よりもかなりデリケートです。皮膚病にかかりやすいので、飼い主は気をつけてあげましょう。日頃から犬の状態をよく観察することです。毛が大量に抜けるようになったり、赤くただれていれば、皮膚病の可能性が高いです。すぐに病院で診てもらいましょう。また、日本は高温多湿な国として知られています。低湿だったり気候が安定している国で生まれた犬は、日本に来ると皮膚病になることがあります。とくに、シーズーは皮膚にトラブルが起きやすい犬種です。シーズーを飼う人は、皮膚病の知識を豊富に持っておくようにしましょう。また、犬の皮膚に寄生する虫の中には、人間にも悪影響を与えるものがいると言うことを知っておくことです。

清潔を保つこと

犬の皮膚病を予防するためには、寝床をこまめに掃除することが重要です。布団やタオルなどを使っている場合は、それもきちんと洗うようにしましょう。もちろん、しっかりと乾かすことが大切です。しかし、何よりも重要なのは、定期的にシャンプーをして、体を清潔にしてあげることです。シャンプーは自宅でもできますが、犬が暴れてうまくできないこともあるでしょう。また、自宅で素人がシャンプーをすると、きちんと流しきれないこともあります。皮膚にシャンプーが残ると、湿疹の原因になるので注意しましょう。難しそうと言う人は、工夫をすることです。犬のシャンプーをしてくれるサービスを利用するのが一番でしょう。専門家ですから、しっかりきれいにしてくれます。