大切なペットとの別れ|多くの人から愛される犬【ティーカッププードルを家族にしよう】

多くの人から愛される犬【ティーカッププードルを家族にしよう】

大切なペットとの別れ

骨壺

家族同然に可愛がっているペットも、予期せぬ事故や寿命となればその生命を全うし天国へと旅立っていきます。ペットの平均年齢は種類や個体差によって異なりますが、亡くなった後は自治体の法律に従って弔う事になります。ペットが亡くなった時に利用するのがペット供養サービスであり、専門施設で火葬から法要までを執り行います。火葬や法要は個別供養と合同供養が選択できるため、家族とよく話し合ってどの方法で執り行うのか相談します。ペット供養サービスは全国各地で展開されていますが、地域や利用する施設によってサービス内容は異なります。多くの場合は現地へ行くと全て準備されており、選択した方法に沿って粛々とペット供養が進みます。

ペット供養サービスは大切なペットを亡くしたばかりの飼い主にとって、心を整理する良い機会でもあります。供養を通して分かってくることがあるため、下を向くばかりでは無く、明るい未来を想像するきっかけにもなります。ペット供養は亡くなって1年未満であれば、年に何度も供養のために訪れる事になりますが、1年を過ぎるとその数は減少します。1年間はお坊さんのお経と説法を聞きながら、ペットと出会えた意味やペットがもたらしてくれた事を教えてくれます。また霊園には供養塔や墓石があり、いつでもお参りする事ができるため、好きな時に会いに行く事ができます。季節になればお盆法要やお彼岸法要、年始年末の特別法要もあり、大切なペットを優しく弔う事ができます。